FC2ブログ

風に吹かれて

風に吹かれて、季節を感じて、二度と来ない今この瞬間を写し取りたい。 そう、きっとどんな瞬間も一期一会なのだ。

夜明け


夜明け


夜明け

PENTAX K-3 Ⅱ/OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 遠州灘
スポンサーサイト



テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2020/01/05(日) 21:32:34|
  2. 夕焼け、朝焼け、夜景
  3. | トラックバック:0

夜明け前

新年初撮りは夜明けへ。

毎度の事ながら、で迎える夜明けは気が引き締まり、心地良いです。


夜明け前


夜明け前


夜明け前

PENTAX K-3 Ⅱ 遠州灘

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2020/01/04(土) 19:07:57|
  2. 夕焼け、朝焼け、夜景
  3. | トラックバック:0

謹賀新年

新しい年が幕を開けましたね。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

謹賀新年

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 遠州灘

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2020/01/01(水) 16:56:24|
  2. 夕焼け、朝焼け、夜景
  3. | トラックバック:0

良いお年を

平成から令和へ時代が変わった今年も、あと数時間で暮れようとしています。

このブログを始めて14回目の大晦日です。
ここに見に来ていただいて、ありがとうございました。

今年もたくさんの風景と出会いました。
また、ブログやインスタグラム、写真展などでたくさんの写真を拝見させていただきました。

あれは2月。
静岡県を通過するある方と一度会ってみたくて、
由比で無事お会いすることが出来ました。
尾畠春男さんです。

来たるべき新しい年 令和2年はどんな年になるでしょう。

皆さまも良い年をお迎えください。

良いお年を

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 遠州灘

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2019/12/31(火) 16:27:28|
  2. 夕焼け、朝焼け、夜景
  3. | トラックバック:0

夜の帳が下りる頃

夜の帳が下りる頃

PENTAX K-3 Ⅱ 潮騒橋

写真

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2019/10/29(火) 22:06:56|
  2. 夕焼け、朝焼け、夜景
  3. | トラックバック:0

夕陽が傾く頃

夕陽が傾く頃

PENTAX K-3 Ⅱ 潮騒橋

写真

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2019/10/22(火) 19:39:29|
  2. 夕焼け、朝焼け、夜景
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

風

Author:風
この一枚の写真から 何かを感じていただけたら…。

<カメラ、レンズ>
◆PENTAX K-5 Ⅱs
◆PENTAX K-3 Ⅱ
◆OLYMPUS OM-D E-M5
◆OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
・PENTAX FA50mm F1.4
・SIGMA APO 70-300mm DG MACRO F4-5.6
・TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO
・SIGMA 10-20mm F4-5.6
・TAMRON SP AF 28-75mm F2.8
・TAMRON SP AF 70-200mm F2.8
・SIGMA 17-50mm F2.8
・M.ZUIKO 14-42mm F3.5-5.6II R
・M.ZUIKO ED 40-150mm F4.0-5.6R
・M.ZUIKO ED 7-14mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO ED 12-100mm F4 PRO

静岡県在住
    ~ since 2006.10.26 ~

※ 当ブログ上の画像に関する著作権はすべて私 風に帰属します。
 無断使用・複製・引用等は固くお断りいたします。

FC2カウンター

◆ご訪問、ありがとうございます

現在の閲覧者数:

カテゴリー+月別アーカイブ

 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

ブログ内検索

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近の記事

最近のコメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: